[50点]不二建設株式会社を女性が働きやすいか企業分析してみた

2.0
建設業
不二建設株式会社(北海道)の評価レビュー

企業情報

会社名不二建設株式会社
業種大分類:建設業
小分類:住宅
本社所在地
(都道府県)
北海道
女性の働きやすさ認定表彰
採用人数に占める女性割合(現業)50 %
(管理)0 %
採用競争率(女性)
全社員のうち女性の割合20 %
勤続年数
育休取得率(男性社員)データなし
(女性社員)データなし
平均残業時間
有給取得率
女性管理職の割合(係長級) 0 %
(管理職) 0 %
(役員等) 0 %
企業規模10~100人
データ基準日42684

女性の働きやすさ総合評価 50点

総合評価は50 点。Amazon風に5段階評価すると 3.0 となります。人によって重視するポイントが変わってくるため、この総合評価50点だ けで判断しないようにしましょう。

メリット デメリット

「不二建設株式会社」の女性の働きやすさの評価をまとめると下記のようになります。

ポイントによっては気にな らない人もいると思います。何を大事にするかをよく検討してください。

良い点・メリット

  • 男性や女性のバランス良く採用している
  • 男女社員の比率は適正の範囲

悪い点・デメリット

  • 社会的な表彰は受けていない
  • 勤続年数は非常に短い
  • 育休取得率が非常に低い
  • 残業時間が非常に長い
  • 有給取得が非常に少ない
  • 女性管理職割合がほぼ0
  • 情報公開をしていない

項目別評価

【20点】情報公開の評価

不二建設株式会社の情報公開度について評価していきます。

情報公開度ポイント
20点情報公開をしていない

この企業はほぼ女性の活躍を意識した情報を公開していません。

女性社員を重要視し、社会的PRを意識して企業改革をすすめる企業は、情報公開も怠らずPRを行うはずです。しかし、この企業は情報公開項目が少なく、その観点から女性社員におすすめできる会社とは言い難いです。

参考までにこの企業の情報公開項目は下記のような状態です。

情報項目情報公開
社会的評価データ
採用データ公開済み
社員データ公開済み
勤続年数データ
退職率データ
育休取得データ
残業時間データ
女性管理職データ

【0点】社会的評価

女性の働きやすさを重視した企業は、経済会から表彰を受けていることが多いです。確認してみましょう

社会的評価ポイント
0点表彰無し
くるみん認定取得なし
プラチナくるみん認定取得なし
えるぼし認定取得なし
イクメン企業アワード取得なし
ユースエール認定取得なし
なでしこ銘柄取得なし
ダイバーシティ経営企業100選取得なし
100選プライム取得なし
均等・両立推進企業表彰
(年度)
取得なし
厚生労働大臣最優良賞
(年度)
取得なし
均等推進企業部門(年度)取得なし
ファミリー・フレンドリー企業部門(年度)取得なし

不二建設株式会社が社会的に表彰されたものはなさそうです。

単純に応募していないだけかもしれません。他の企業で表彰を受けている会社もありますので、社会的評価という点では出遅れています。女性のための働きやすい会社として、改革を進めている可能性はあります。しかし外から改革が分かるようになっていないようです。対外報告に力を入れていないのかもしれませんね。。

この点についてはあまり気にすることはありません。そもそも社会的表彰を受ける企業はほんの数十社です。表彰されるだけでトップ企業なのです。

以降の指標を見ながら判断すると良いでしょう。

評価一覧に戻る

【100点】全採用数に対する女性採用数の評価

女性採用数の評価ポイント
100点男性や女性のバランス良く採用しています

不二建設株式会社の採用全体における女性の割合は 50% です。

最近の企業では珍しいほどの男女バランスが取れた採用数です。これほどのバランスが取れている会社は他にはありません。このレベルは女性が十分戦力として活躍している会社だと言ってもよいでしょう。女性向けの職場環境も整っていると考えられます

一方で、女性が多いことから女性同士の競争もある程度は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

各職種における採用数に対する女性の割合
現業50 %
管理0 %
0 %

参考までに「採用倍率」も調べてみましたが、公表されていないようです。

 

評価一覧に戻る

【33点】全従業員に対する女性社員の割合の評価

女性比率の評価ポイント
33点女性社員が少ない

不二建設株式会社の全社員に対する女性社員の比率は 20% です。5人に1人は女性です。

全体の従業員数に対して女性社員が少ないようです。

女性の働きやすい環境を整え始めている状態です。女性社員が多ければ良いというわけではありませんが、企業の業種を踏まえて少ない理由をしっかり見極めていった方が良いでしょう。

もともと男性社員が多い会社の場合は、急激に女性社員割合を増やすこともできないため、女性社員の比率を気にすることはあまりないです。

どちらかというと「女性採用が増えてきているか」という「女性社員増加傾向」を重視したほうがよいですね。これが1以上になっていると、近年、女性向け採用を増やしていると言え、女性向け職場改革を意識しているといえます。

女性社員の増加傾向
女性社員比率20 %
女性採用比率50 %
女性社員増加傾向1.5

女性社員比率は 20% 、女性の採用比率が 50% であることから、現在の女性社員比率よりも採用比率のほうが大きく、女性社員を増やそうとしていると考えられます。

 

[データなし]勤続年数・離職率の評価

現在、データが公開されていないようです

 

[データなし]育休取得率の評価

現在、データが公開されていないようです

[データなし]残業時間の評価

現在、データが公開されていないようです

[データなし]有給取得率の評価

現在、データが公開されていないようです

[データなし]女性管理職割合の評価

現在、データが公開されていないようです

会社から提供されている補足事項

現在、データが公開されていないようです

同じ総合評価の会社

[53点]株式会社BackOffice
[63点]伸和コントロールズ株式会社
[81点]株式会社教育測定研究所

もっと見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました